このブログは長い間更新がありません。
つなビィでは、5年以上ログインがないアカウントは削除される場合がございます。
削除を希望されない方はこちらよりログインをお試しください。

安堵☆

お母さん。
おつかれさま!
大変な手術を無事にやり遂げてくださった医療スタッフの方々
そばにずっとついていてくれてたねえちゃん!
感謝しかないです。
ありがとうございます☆

祈り☆

どーか無事でいて。
これまであなたが私を想ってくれたように
私が今度はずっと祈る。
お母さん、今度は元気な姿で会いましょう!
明日は全てうまくいく。
信じてます。

おなじきもち。

はげましたいとき
楽になってもらいたい時
不安に打ちのめされそうな時…
がんばろう!
としか言えない。。。
なんかぴったりくるの
ないもんかね。
きもちに寄り添いたいだけなんだよな…

余裕☆

裏稼業が本日早上がり☆
ほんの一時間早く帰るだけなのに
なんでも片づきそーな気になる♪

時間の使い方
もっとうまくなりたいなー♪

耐え忍ぶ☆

守るものがある。
攻めるのも大事。
進む事も大事。
今は耐えよう。
きっと道は見える!

おもいやり

心配かけたくないから
ギリギリまでだまる。
だまっているから
しんどいんやろーなと気づいた事をだまっている。
これも全部お互いを想ってのこと。
せっかく一緒に居てるんだから
たまにはちゃんと吐き出そね♪
私もそーするよ☆

盛り眉bros.

そっくりさん♪
2人にもいろいろつないでもらったね♪
大事な大事なソラ♪とチャコ♪
ありがと♪(´ε` )

ハッピーな気持ち♪

大好きな多肉ちゃん。
あれこれ考えながら寄せ植えをする。
お店を出してもらって
仕事中に好きなことに没頭。
心からリフレッシュできる。
そういう場所、時間をもたせてくれた旦那様。
ホントにありがと♪

やり場のない思い。

ある人が仔犬と共に私達夫婦の前に現れました。
「この子誰かもらってもらえませんか?」
「どなたか犬の好きな人にあげてください。」
「ほら、おとなしくしないと可愛がってもらえないよ?」
一方的にストーリーが展開されていきました。
「この子の飼い主が飼えないところへ引っ越すことになった」
で、なぜ私達のところへ来たか。
6人の子と暮らしてるからこの子も面倒見てくれるはず。
この人達なら犬が好きだからもらってくれるはず。
そう思ったんだろう。
「うちも6人、それと猫さんも1人。2人でお世話するのはすでに限界の状態です。もう1人増えるということがどれだけの影響を及ぼすか想定できないです。今居てる私達の子を優先させてください。この子はかわいいと思いますが、私達はお引き受けできません。」
。。。私が命を見捨ててしまったような気持ちになった。
どーしても困ったらその時はまた声をかけてください。とも伝えた。
来るかな。。。
来たら私たち里親さん探せるのかな。。。
あんな人達にオイヌを迎える資格ない。
なぜか私達が悪い事をした気持ちになった。
やるせない。

待てる。

そこに居ててね♪
と言われて
見えてたら待てる子たち。
信頼関係って口先だけでは築けない。
そーゆー大事なこと
この子達から教わってると思うなー。